個人事業主から会社設立

個人事業主として売り上げが1000万超えるようになったら、法人設立を検討する方が良いとされています。これは、個人として事業をはじめて、売り上げが1000万円を超過すると、消費税を納税する義務が発生することが大きな要因といえます。消費税はかなり大きな出費となるため、1000万円の資本金で会社を新しく設立することで、免税の期間を2年延ばすことができるためです。

会社を設立することには、また社会的な信用を得ることができるという意義もあります。どのような人が経営しているか、という状況が、取引先から見て分かるようになります。大きな取引を行う時には、法人の方が有利ともいえます。さらに、事業を拡大しようと思うと、人材を募集する必要が生じてきます。個人としてより、会社組織として人材を募集する方が、信頼度が高いためより多くの人を集めることができます。

また、決算の月を自分で決めることが可能なことも会社ならではの特徴です。個人事業主は、1月から12月までの期間の確定申告は翌年2月から3月中旬と、はっきり決められています。会社にすることによって、行っている事業の最も忙しい時期が3月という場合には、決算月をずらしておくなど、決算月を選べるようになります。

ただ、決算を行うと、支出が多くなることがありますので、キャッシュ(現金)を保有していることが必要となってきます。決算月は、業務の忙しさだけではなく、どの時期に行うのが適切か、といったことは、税理士や会計士など、プロのサポートを依頼しておくと、スムーズに決めることができます。