税理士に依頼するメリット

会社設立の際、税理士など、士業と呼ばれるプロフェッショナルにサポートを依頼するのには、いくつものメリットがあります。

会社を設立するために、最も大切な書類のひとつが事業計画書です。創業計画書とも呼ばれています。金融機関からの融資のためにも必要となる重要な書類ですが、まったく初めて会社を起こそうと考える場合には、計画書の内容をどのようにすれば良いのか分からないこともあります。税理士のサポートを依頼することにより、融資を引き出すために、的確な内容を作成することができます。

税理士事務所に依頼をする際、会社を設立した後専属の顧問となる契約を結ぶことによって、会社を設立をする際に必要となる諸手続きの費用が安くなることもメリットです。

会社を設立をしたら、それで税理士のサポートが終わりということはもちろんありません。月々の経理に関する作業内容や、毎年行う必要がある確定申告であったり、決算の方法など、法人ならではの税金や経理に関する作業が必要となってきます。また、税金に関する諸届けなどを行う必要があります。顧問契約を結んでいることによって、諸手続きの代行を依頼したり、適切なアドバイスを受けることができます。