会社設立時の諸費用

個人事業主、フリーランスとして活躍していたり、現在は会社などに所属しているものの、今度新しく独立することを決断した方にとって、会社を設立するかどうかというのは重要な問題です。

会社設立のためには、さまざまな準備と定款と呼ばれる書類の作成が必要となります。また、登記のためにはある程度まとまった費用が必要となります。費用の内訳は、株式会社の場合ですと、定款のための定款認証印紙代が40000円、手数料が52000円、登録免許税が150000円となっています。印紙代は、他の印紙と同じく、定款に張り付けるものです。そして定款の認証と、謄本を作成するためにも手数料が必要となります。登録免許税は、会社を登記することに関してかかる税金のことで、申請をする件につき、税金を支払うことが必要となってきます。

最近では定款認証は電子データで手続きが行えるようになってきています。電子データの場合は、印紙代が不要となりますが、そのためには、電子証明や、専用のソフトなどが必要となるため、プロである税理士に依頼をする方が、費用が安くなることもあります。その他の費用として、税理士にサポート依頼をした場合ですと手数料が必要となります。